明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

大高 研道 大高 研道 明治大学 政治経済学部 教授

近年、労働者協同組合(ワーカーズコープ)が世界的に注目されています。ヨーロッパや韓国などではすでにあるワーカーズコープの法制度はいまだ日本にはありませんが、現在、実践者・自治体・政治家などの長年の働きかけによって「労働者協同組合法(仮称)」がつくられようとしています。ワーカーズコープとはどのような組織で、いま、なぜ注目されているのでしょうか。

資本主義社会の中で必然的に生まれた協同組合

大高 研道 協同組合と聞くと農協、生協、漁協、森林組合などを思い浮かべる人が多いかもしれません。実は、信用金庫や全労済なども協同組合で、私たちの暮らしの身近なところに協同組合はたくさんあります。

 そもそも協同組合とはどのような組織なのでしょうか。現代の協同組合の原初形態ともいえる取り組みは、産業革命期の1844年、イギリスのロッチデールという小さな町で生まれました。その目的は、生活苦に直面する労働者たちが、自分たちの暮らしを良くすることでした。

 当時の労働者は、給料をすべてお金では貰えず、勤務する工場などが経営する商店でしか使えない、商品券のようなものを支給されていました。

 ところが、その店で売られているものは、石灰を混ぜて量を増やした小麦や、色をつけた再利用の紅茶など、まがい物が多かったのです。

 そこで、労働者たちは、安全で安心なものを普通に買える店を、自分たちでつくろうとしました。

 この取り組みは、自分たちの暮らしをより良くしたいという思いから始まりましたが、それは、産業革命以降、急速に形成される、営利を追求する資本主義経済社会の中で、非人間的な状況に追いやられた労働者や生活者が協同することで、人間らしさを取り戻そうとする試みでもありました。

 逆説的に言えば、市場原理主義を基軸とした資本主義のような仕組みが形成されなければ、協同組合も生まれなかったといえます。そして、資本主義経済の中で生まれて活動するがゆえに、資本主義の制度に引きずられて転換(変質)するといった不安定性を常に抱えています。これを制度的同型化といいます。

 例えば、生活者のための小売店である生協が、営利目的のスーパー化していくことがあります。ヨーロッパの生協などは、1970年代にそのような経験をしました。

 また、協同組合が行政機関化していくこともあります。2003年に指定管理者制度が施行されて以降、行政は児童館や学童保育の子育て施設、図書館や博物館などの公共施設の管理・運営を、営利・非営利に限らず民間組織に委託することができるようになりました。

 その結果、利用者にとって本当に必要なサービスを提供するというよりは、行政の下請け機関のようになり、決められた予算や定められた仕様に基づくサービスの範囲で活動するということも起きています。

 しかし、原理・原則をしっかりと定め、人間らしい暮らしと仕事を地域につくる活動を行っている協同組合もたくさんあります。それが、資本主義経済の暴走や限界に警鐘を鳴らす人たちの間で協同組合が注目される理由になっているのです。

社会・ライフの関連記事

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム