明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

西村 弥 西村 弥 明治大学 政治経済学部 准教授

非民主的な存在である官僚をコントロールする制度が必要

 日本は、当然、民主主義の国です。すると、私たち自身が、私たちのことを決めて、それに対して運営していくというのが、本来の姿です。

 そう考えると、官僚や公務員には日常の行政活動を担ってもらっているのであり、彼らは私たちの代理人ということになります。

 ところが、そこには、なんの民主的な担保もありません。政治の代理人である政治家は、有権者である私たちが選びますが、公務員には試験で良かった者が就き、官僚の面接にパスした者が官僚になっています。

 もちろん、これだけ高度に発達した現代社会での行政業務は、専門分化、多様化していて、専門知識や能力がないと担えないという面はあります。

 例えば、薬価を改定する際、その薬が医学の中でどういう役割を果たしているのか、どの程度の効果があり、どの程度の原価で、どのくらいの利益率だと製薬会社が維持可能なのかなど、それ相応の専門知識がないと判定はできません。

 実情としては、公務員を試験によって選び、さらに専門性を育てていかざるをえないのです。しかし、であればこそ、民主制を担保するための制度が必要になってきます。

 例えば、アメリカは、非民主的な存在である官僚をコントロールするために、大統領が連邦政府の官僚、約3000人を任命する制度をとっています。民意で選ばれた大統領が替われば、自分の考えや方針を反映できるように、官僚も替えるということです。

 この政治任用の制度は日本にはありません。しかし、2014年、内閣人事局が設置され、国家公務員の幹部人事は内閣の権限の下で行われるようになりました。

 民主的に、民意をきちんと行政機関に反映させるということが、この制度の本来の理想です。が、与党の意向に沿う官僚が昇任しやすく、その結果、政治家の顔色を見て忖度することが横行し、公正であるべき行政業務の判断を歪ませる要因になっている懸念が高まっています。

 しかも、官僚による不正が発覚した際、本来、厳しく問われるはずの任命者の責任がほとんど問われていません。運用されてまだ4年の制度なので、本来の主旨に沿うよう、今後は制度の欠陥を是正していくことが必要です。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム