明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

明治大学 法学部 教授 山田 道郎

被疑者・被告人に有利なことばかりではない

山田 道郎  「司法取引」制度は、被疑者・被告人でも、捜査機関がもっていない共犯者に関する情報をもっていれば、利益が得られる制度であると思われがちですが、実は、決してそればかりではありません。例えば、裁判所は「司法取引」の合意には拘束されません。検察官が協議の合意に基づいて求刑を軽くしても、実際の量刑を決めるのは裁判所です。もちろん、公判前に「司法取引」があることは裁判所にも伝えられますが、求刑があまりにも軽い場合、裁判所がどう判断するのかは、今後の運用を見ていかないとわかりません。また、「司法取引」によって不起訴となった場合も、検察審査会によって強制起訴されることがあり得ます。一般的には、検察審査会の決定の方が、「司法取引」の合意よりも上と見なされます。被疑者・被告人は、ある意味、喋り損、となることもあるわけです。さらに、協議が合意に至らなかった場合、被疑者・被告人の供述を、本人の公判において証拠として採用することはできませんが、捜査のきっかけとして利用することは認められています。つまり、供述が採用されず、刑の減軽が得られなかったにもかかわらず、その供述を基にした捜査によって新たな証拠が見つかり、被疑者・被告人が不利益になるケースもあり得るわけです。今後は、被疑者・被告人が守られる仕組みも考えなくてはいけないかもしれません。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム