明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

明治大学 法学部 教授 山田 道郎

被疑者・被告人に有利なことばかりではない

山田 道郎  「司法取引」制度は、被疑者・被告人でも、捜査機関がもっていない共犯者に関する情報をもっていれば、利益が得られる制度であると思われがちですが、実は、決してそればかりではありません。例えば、裁判所は「司法取引」の合意には拘束されません。検察官が協議の合意に基づいて求刑を軽くしても、実際の量刑を決めるのは裁判所です。もちろん、公判前に「司法取引」があることは裁判所にも伝えられますが、求刑があまりにも軽い場合、裁判所がどう判断するのかは、今後の運用を見ていかないとわかりません。また、「司法取引」によって不起訴となった場合も、検察審査会によって強制起訴されることがあり得ます。一般的には、検察審査会の決定の方が、「司法取引」の合意よりも上と見なされます。被疑者・被告人は、ある意味、喋り損、となることもあるわけです。さらに、協議が合意に至らなかった場合、被疑者・被告人の供述を、本人の公判において証拠として採用することはできませんが、捜査のきっかけとして利用することは認められています。つまり、供述が採用されず、刑の減軽が得られなかったにもかかわらず、その供述を基にした捜査によって新たな証拠が見つかり、被疑者・被告人が不利益になるケースもあり得るわけです。今後は、被疑者・被告人が守られる仕組みも考えなくてはいけないかもしれません。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.05.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.05.20

再生医療からアンチエイジングにも役立つ遺伝子の「付箋」とは!?

2020.05.13

より良い労働条件獲得のために、ストライキよりさらに有効なこと

2020.04.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.04.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2018.01.19

#1 そもそも、憲法と法律はどう違うのか?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム