明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

女性が活躍する未来の農村のために

大内 雅利 大内 雅利 明治大学 名誉教授(元農学部教授)

「未来の農村女性」と「現在の農村女性」、そして「現在の農村男性」に

 最近は、農業や農村に興味をもつ都市の方も増えてきました。「未来の農村女性」の候補者です。農学部の学生であれば農村研修などがありますが、社会人の方にも、地方と関わりをもったり、地方の生活を実体験できる機会がたくさんあります。女性が活躍できる農村であるのか、肌で感じることができると思います。そして「現在の農村女性」は女性が活躍する姿を見せて欲しいと思います。「現在の農村女性」と「未来の農村女性」の双方にとって、「女性が生きたい地域」へと変わらなければなりません。

 そして最後に。「現在の農村男性」は強い危機意識を持つ必要があります。このまま「未来の農村女性」に嫌われ続けていいのかと、自問すべきだと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男
国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

2022.3.4

国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 清水 晶紀

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事