明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

女性が活躍する未来の農村のために

大内 雅利 大内 雅利 明治大学 名誉教授(元農学部教授)

男性中心の農村社会

 ところが、女性の新規就農者が伸びているかといえば、必ずしもそうではありません。2016年の新規就農者のうち、女性が占める割合は24.4%にとどまっています。50~64歳の農業従事者では、女性の割合が半数を越えていますが、若い女性層の新規就農者は極めて少ないのです。さらに農村に若い女性が減ることは地域の発展にも関わってきます。2014年5月に発表された日本創成会議・人口減少問題検討分科会のレポートでは、20~39歳の女性人口の減少を根拠に、地方消滅を指摘しました。その現実的な妥当性は別にして、地域の主産業である農業や地域そのものに魅力がなければ、若い女性世代が流出するばかりという不安も浮き彫りにしました。農水省も、先に紹介したような「農業女子プロジェクト」を推進し、既存の農業従事者の女性を支援する政策に加え、若い女性の新規就農者を増やす政策を実施するようになったのです。

 新聞記事を一つ紹介しましょう。レタス栽培が盛んなある地域では、1戸あたりの年間販売額はおよそ3000万円、レタス御殿と呼ばれる豪邸が建ち並んでいます。それでも、地域から都市部などに出て、そのまま戻らない女性が増え、外から来る女性はほとんどなく、人口は減っているというのです。なぜなのか。外から来たある女性は、「オシャレをしたり新しいことをすると、周囲から後ろ指をさされる、そのため息を殺して生きてきた」と言います。農業が活性化され経済的に潤っても、男性中心の古いしきたりや因習に縛られている地域では、女性は生きにくいのです。経済視点や産業視点だけでは、女性にとって必ずしも魅力的な地域とは言えないのです。

社会・ライフの関連記事

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

2022.11.9

食べることで太らないようにする方法が見つかりそう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗
コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

2022.11.2

コロナ・パンデミックの知見は社会にとって貴重な財産になる

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 盛本 圭一
ポストフェミニズムと言い切って良いの?

2022.10.19

ポストフェミニズムと言い切って良いの?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 大澤 舞
ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事