明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

仮想通貨「ビットコイン」 ―その課題と可能性―

明治大学 商学部 准教授 浅井 義裕

セキュリティの脆弱性が露見 マウントゴックス事件

 ビットコインは「取引所」で現実の通貨と交換するが、この取引所の一つが東京に拠点を構える「マウントゴックス」であり、一時は世界最大級の取引量を誇る取引所だった。2014年2月、取引を停止し、東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理された。事実上の破産である。債務超過に陥ったのがその原因であるが、大きな注目を集めたのは、顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預り金も消失していたという。当時の取引価格で算出すると500億円前後という巨額損失である。なぜ消失したのか。
誰が、どのようにしてということが分かっていれば、事件はすでに解決しているはずなので、詳しいことは分からないことが多いが、電子の鍵の「署名」と、その検証の間に時間がかかるというセキュリティの脆弱性を突かれ、ネット上で盗まれたのではないかと言われている。
国家が介在しない「仮想通貨」を使っての売買は自己責任に基づくべきで、利用者は上述のように低い手数料などの「仮想通貨」の利便性を十分に享受しているはずだが、その存在が大きくなって利用者の被害などが頻繁に起こるようになれば、「自由な取引の利便性」と「政府による規制」のメリット・デメリットを改めて検討する必要が出てくるだろう。

IT・科学の関連記事

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹
画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.4.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 宮本 龍介
がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

2020.3.4

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

  • 明治大学 農学部 専任講師
      科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
  • 新屋 良治
人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.2.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 橋本 健二

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

2020.06.03

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム