明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

AIと共生できない人は生き残れない!?

明治大学 国際日本学部 教授 小笠原 泰

日本がシーラカンスにならないために

 AIとの共生は様々な分野で起こると思います。そうした状況に対応する人材を育てるためには、いまの日本の教育のように、文系、理系の区別をつけて学ぶことや、みんなが横並びで「正解」ありきで同じように考えさせるシステムではダメで、文系であろうが理系であろうが最低限のテクノロジーやプログラミングの知識をもつことは必要であるし、活動主義に陥らない、学生に適正な負荷をかける、本当の意味でのアクティブラーニングを行い、自ら考え、判断する訓練が必要でしょう。幸いなことに、いまの子どもたちは、物心がついた頃からコンピュータ機器をいじっています。こうした世代が新たなAI環境に対応する人材となるように、現世代は教育システムの抜本的な改革を考える必要があります。また、この新世代に負けないように、現役の学生を始め、私たち大人もデジタルテクノロジーの急速な進歩と環境変化を認識し、自ら学び、考えることによって将来の選択肢を広げる努力をするべきです。

 日本の情報機器などを「ガラパゴス」と揶揄することがありますが、超高齢化を急速に迎え、厳格な法と綿密な規制のある日本社会は、AI対応においては、私はシーラカンスになるのではと危惧しています。実は、シーラカンスは浅い汽水域に生きていた魚で、太古に一度は上陸しています。陸上生活を行った痕跡が体の各所にあります。ところが、陸上での生存競争に負けたのか、海中生活の幻想に惹かれたのか、また海に戻り、今度は深海に逼塞し、進化することを止めてしまいました。AIの環境に対応しようとしながら、結果、「人間らしさ」、「日本らしさ」の幻想を追い続けて日本列島に逼塞し、世界の進歩に取り残されることがないように、私たちはしっかり「いま」という現実を直視する必要があると思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

2018.8.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 石田 祥子
紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

2018.8.8

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 小早川 周司
手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

2018.7.4

手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 聡史
人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

2018.6.27

人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 武野 純一
あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

2018.6.20

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

  • 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科教授
    クリエイティブインタラクション研究所長
  • 荒川 薫

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム