明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

AIと共生できない人は生き残れない!?

小笠原 泰 小笠原 泰 明治大学 国際日本学部 教授

日本がシーラカンスにならないために

 AIとの共生は様々な分野で起こると思います。そうした状況に対応する人材を育てるためには、いまの日本の教育のように、文系、理系の区別をつけて学ぶことや、みんなが横並びで「正解」ありきで同じように考えさせるシステムではダメで、文系であろうが理系であろうが最低限のテクノロジーやプログラミングの知識をもつことは必要であるし、活動主義に陥らない、学生に適正な負荷をかける、本当の意味でのアクティブラーニングを行い、自ら考え、判断する訓練が必要でしょう。幸いなことに、いまの子どもたちは、物心がついた頃からコンピュータ機器をいじっています。こうした世代が新たなAI環境に対応する人材となるように、現世代は教育システムの抜本的な改革を考える必要があります。また、この新世代に負けないように、現役の学生を始め、私たち大人もデジタルテクノロジーの急速な進歩と環境変化を認識し、自ら学び、考えることによって将来の選択肢を広げる努力をするべきです。

 日本の情報機器などを「ガラパゴス」と揶揄することがありますが、超高齢化を急速に迎え、厳格な法と綿密な規制のある日本社会は、AI対応においては、私はシーラカンスになるのではと危惧しています。実は、シーラカンスは浅い汽水域に生きていた魚で、太古に一度は上陸しています。陸上生活を行った痕跡が体の各所にあります。ところが、陸上での生存競争に負けたのか、海中生活の幻想に惹かれたのか、また海に戻り、今度は深海に逼塞し、進化することを止めてしまいました。AIの環境に対応しようとしながら、結果、「人間らしさ」、「日本らしさ」の幻想を追い続けて日本列島に逼塞し、世界の進歩に取り残されることがないように、私たちはしっかり「いま」という現実を直視する必要があると思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム