明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

AIと共生できない人は生き残れない!?

小笠原 泰 小笠原 泰 明治大学 国際日本学部 教授

AIとの共生は人の能力を伸ばす

小笠原 泰  今後、AIによって人の仕事が減っていくのは確実だと思います。すでに自動運転の車は実用化が近づいていますし、通販会社の倉庫ではAIを搭載した物流ロボットが稼働しています。サムライ業といわれる専門職も、医療の初期診断なども、膨大なデータを素早く照合できるAIの方が有利です。ホスピタリティの分野は人でなければできないという議論もありますが、それも、そこに「人でなければ」という価値観をもっている一定年齢以上の日本人の幻想といえるのではないかと思います。

 もっと本質的なところに目を向けると、人とは、地球上の生物の中で唯一、自分たちに都合の良いように環境を変えてきた生き物です。人以外の生き物は、環境に適応することで生きてきました。人類だけが、土地を耕し、道路を造り、工場を建て、エネルギーを興し、環境を変えて生きてきたのです。ところが、AIに代表されるデジタルテクノロジーの進歩は、それはもともと人が創り出したものなのですが、ネットワークやIoTを創り出したことで、機械同士が自律的に進歩する環境を生み出しました。つまり、人が介在する必要がない環境です。すると、環境を創り変えて生きてきた人類は、今度は自らが創ったその環境に適応しなくては生きていけない状況になってきたのです。もちろん、こうした考え方には異論もあるし、アーミッシュに代表されるような近代文明を極力拒否する生き方もあるでしょう(そのアーミッシュも、テクノロジーを拒否しているのはなく、その受容の速度が遅いだけであり、基本的にはアメリカというテクノロジー社会に依存しています)。しかし、多くの人にとっては、どうAIと生きていくか、が現実的な問題になるのは間違いありません。ホスピタリティは人の領域だとか、近代文明を拒否する生き方などというのは、「逃げ」になってしまい、生産的ではないと思います。

 AIとともに生きる、働くというと、いまは違和感をもつ人が多いかもしれません。しかし、AIと共生することは、人の能力を上げることにもつながります。例えば、AIには勝てなくなったチェスですが、現グランドマスターのマグナス・カールセンのレーティングポイント(チェスの強さを表わすポイント)は非常に高く、AIに最も近いプレーヤーといわれています。彼はAIと対戦を繰り返し、実力を高めてきたのです。将棋界でも、若手棋士などはAIの指し手を研究しているといいます。むしろ、AIを忌避することは、自分の進歩を止めてしまうことになるのです。

IT・科学の関連記事

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

2023.1.25

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 新山 龍馬
「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

2022.10.26

血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 平野 太一
健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸

新着記事

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.02.02

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.01.31

体内時計が教えてくれるアラーム

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

3

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

4

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

5

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

連載記事