明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

水野 誠 水野 誠 明治大学 商学部 教授

プロ野球のファンの熱狂を調査

 プロ野球のファンの熱狂度について調査するためには、様々なアプローチがあります。私たちが以前行った研究については、『プロ野球「熱狂」の経営科学』という本で紹介しています。その結果は興味深いものでした。

 私たちは、チームに対する熱狂度合いを測るために、政治学などで行われている感情温度の手法を用いました。これは、単に好きか嫌いを聴いたり、その程度を5点法などで答えてもらうのではなく、感情を温度にたとえて0から100度までで答えてもらう方法です。

 それを集計してグラフ化すると、巨人ファンの場合、自チームに対する感情温度は70~79度がピークで、そこから両サイドへいくほど低くなります。つまり、釣り鐘型になります。

 ところが、広島ファンと阪神ファンでは、自チームについては100度にピークがある、歪んだ形になったのです。釣り鐘というより滑り台です。こうしたファン感情は、当然、チームに対する熱狂の強さを表しています。

 さらに、これら2チームのファンの感情温度は、お互いに対しては概ね釣鐘型であるのに、巨人に対してだけは、最も反感が大きい10度以下にピークがきます。

 つまり、ファンの感情は、何を敵とするかによっても変わるのです。

 また、この本には心理学の研究者による章もあり、そこでは困っている人を見かけたときに人はどういう行動をとるか、という実験が紹介されています。実は、困っている人が自分の好きなチームのファンだとわかると、そうでない場合に比べて、相手を助ける度合いが増えるのです。

 これは、内集団ひいきとか、内集団バイアスと言われる現象です。自分が所属する集団の仲間に対しては好意的な認知や感情、行動を示しやすい傾向があることが知られています。

 内集団が国や民族であったり、地域コミュニティや勤める会社であると理解しやすいと思います。プロ野球の特定のチームのファンであることも、それなりの強さを持った内集団を形成し、そこに属することは熱狂を生む大きな要因となります。

 また、マーケティングの面から見ると、チームへの感情温度の高い人ほど、球団に多くのお金をもたらしていることがわかりました。チケットを購入してスタジアムに来る回数が多く、球団グッズなどもよく購入するのです。

 例えば、広島球団は、新人選手が初ホームランを打ったとか、エースピッチャーが100勝目を挙げたなど、様々な理由で年に何度も記念Tシャツを販売したりします。すると、熱心なファンはそのたびに購入するのです。当然、実生活では、そんなにたくさんのTシャツは必要ありません。

 しかし、ファンはそれを購入すること、それを着てスタジアムに行くことで、それが、自分が熱心なファンであることの表現になっているのかもしれません。

 それは内集団の繋がりを強めることになり、それによって、また、熱狂の度合いが高まるのかもしれません。

ビジネスの関連記事

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

2021.7.9

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山(ヌルメメット イキサン)
企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

2021.6.25

企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫
ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム