明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

失敗を恐れない、チャレンジ精神を養おう

佐々木 羊介 佐々木 羊介 明治大学 農学部 准教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【88】

元明治大学農学部農学科教授の纐纈雄三先生には、指導教員として研究のいろはから、人生に役立つ物事の考え方まで、いろいろなことを教えていただきました。

先生はまさに“ザ・研究者”といった印象の方でしたが、新しいことに挑戦することの大切さを常に説かれていました。

曰く、「何か新しいことを始めることに年齢制限はない、憂慮するよりまずは行動」。「挑戦することを恐れないこと、成功の反対は失敗ではなく何もしないこと、倒れるときは一歩でも前へ」。

当の本人が、37歳で勤めていた企業を辞めて渡米し、いち大学院生となって勉強し始め学位まで取得されたような方ですから、そのチャレンジ精神は本当にすごいなと思うばかりです。

今、少し変革の時期を迎えているとはいえ、日本はまだまだ欧米などに比べ、失敗が許されない社会構造だと認識しています。米国などは挑戦してからが一人前、何度失敗から立ち上がったかが評価になるような社会です。

加えて日本では子どもの頃から「間違うことは恥ずかしい」という観念が植え付けられているようにも思います。私が授業中に何か質問はありますか、といっても挙手する学生はほとんどいません。

でも、こちら側から個別に聞いてみると皆何かしら疑問を持っている。変な質問をして周りから批判されるのが怖いとか、億劫だとかいう気持ちがあるのでしょう。

“チャレンジしない日本人”なんて言われますが、やはりそこから変革していかなければ、これからの国際社会ではなかなか生き残っていけません。

そういう意味ではもう一人、メジャーリーグでも活躍されたイチローさんの常識を疑う、変化を恐れないという考え方や生き方にも、私は影響を受けています。

「自分の可能性を広げるには、自分で自分を教育していくしかない」という彼の言葉は私の生き方の軸にもなっています。

社会で働く皆さんも、若い方は失敗を恐れずに大きなことに挑戦してください。管理職など立場が上の方や年配の方は、ぜひ若者がチャレンジできる環境、そして失敗しても再挑戦できる環境を作ってあげてください。

我が明治大学には「前へ」というスローガンがあります。変革を恐れずに常に前を目指していれば、企業にとって、あるいはご自身のキャリアにとって、最善の選択ができると私は考えます。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.1.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 新山 龍馬
皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

2023.1.19

皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 田中 ひかる
想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

2023.1.12

想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 大槻 晴海
無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

2022.12.22

無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 松下 浩幸
スムーズな思考に役立つ、「型」を身に付けよう

2022.12.15

スムーズな思考に役立つ、「型」を身に付けよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 脇本 竜太郎

新着記事

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

2023.01.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.01.25

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

2023.01.24

お金の形は進化する!?明治大学の先生とQuizKnockが考える、お金の未来

2023.01.20

「教職の危機」を超えて

人気記事ランキング

1

2023.01.20

「教職の危機」を超えて

2

2023.01.24

お金の形は進化する!?明治大学の先生とQuizKnockが考える、お金の…

3

2023.01.18

アナーキズムは、すべての人の、ひとりひとりの中にある

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2023.01.25

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

連載記事