明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【53】

高校時代の恩師には大きな影響を受けました。それは大学受験の時、先生に掛けてもらった言葉が、社会に出た後もずっと私の中で生きているからです。

かつては国公立大学を受験するために、まず共通一次試験というものを受けなければなりませんでした。その試験の後に、担任ではなかったのですが、よく勉強をみてくれた先生から「どうだった?」と電話があったのです。

私は自己採点の結果があまり芳しくなかったものですから、重点的に勉強した所が出なかった、受験勉強のやり方を間違えた、と電話口で延々と反省を述べたのです。

先生は黙って聞いていてくださり、最後にこう仰いました。「共通一次はもう過去のことになった。重要なのはこれからどうするかだ。次の二次試験のことを考えよう。前を見なさい」。

その言葉にハッとして、気を引き締めなおすことができたのです。おかげで無事、次の二次試験を乗り越えることができました。

社会に出るといろいろ失敗もありますし、反省することも多いものです。くよくよと悩んでしまうこともあります。M&Aの世界だと、ちょっとでも立ち止まると、どんどん取り残されていく。

その度に「過去のことは悩むな。前を見ろ。」という先生の言葉に背中を押されてきました。本当にあの時、声をかけてもらえて良かったなって思うのです。

だから私も教鞭を執る立場になった今、そういう言葉を学生たちに掛けてあげたいのですね。つまずいた時にポジティブな方向に転換させてあげられるようなひと言を。

皆さんも職場など、様々な局面でアドバイスを求められる機会があると思います。その時は相手の話をよく聞いて、しっかりと答えてあげてください。あなたの言葉がその人の中で、ずっと生き続けるかもしれませんから。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事