明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

明治大学 理工学部 准教授 松尾 卓摩

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【22】

ちょうど40歳のいま読み直しているのが、20歳前後に読んでいた本や5歳~10歳頃に読んでいた本です。自分ではいつまでも若いときの気持ちを持っていると思っていたのですが、やはりどうしても忘れてしまうようです。

そのため、学生やこどもと接する際、自分が彼らの年齢だったときにどのようなことを考えていたのか、当時読んだ本を通して思い出しています。

むかしに比べて印象が変わった本がある一方で、「この本を読んだとき、こんな気持ちだったな」と覚えていることも多く、いま現在の自分にとっても新しい変化を与えてくれるきっかけになります。

高校生の頃に読んで影響を受けたのは、本田技研工業の創業者である本田宗一郎氏の本です。内容がとても面白く、機械に携わってみたいと思うきっかけになりました。

また、SF作家・星新一氏のショートショートも大好きで、物語に未来の科学者や博士がよく登場し、理系が楽しそうだという印象を持ったことも現在の道に繋がっています。

若いうちはいろいろな本を乱読し、自分に影響を与えてくれるものを探してみましょう。そして社会人になって指導する側に回ったときには、新入社員当時に読んだ本を読み返してみてはいかがでしょうか。後輩への接し方に役立ったり、新たな発見をもたらしてくれるかもしれません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

2019.1.22

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

2019.1.18

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

2019.1.17

“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

2019.1.15

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
自らの行動に責任が持てる、強い「個」を目指そう

2018.12.20

自らの行動に責任が持てる、強い「個」を目指そう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 西村 弥

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム