明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

鈴木 開
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

鈴木 開

明治大学 文学部 准教授

研究分野
アジア史専攻(朝鮮近世史、東アジア国際関係史、東洋史学史)
研究テーマ
朝鮮王朝(1392~1897)から明朝(1368~1644)、清朝(1636~1912)に派遣された外交使節である「燕行使」について研究している。とりわけ、豊臣秀吉の朝鮮侵略、明清交替といった17世紀東アジアの秩序変動における「燕行使」の役割、制度の変容、そこに現れる朝鮮王朝政府の認識、対応の歴史的意味について関心を持っている。こうした問題は、日本における「東洋史学」の最初期にまでさかのぼる重要なテーマであり、得られた知見をもとにしたアジア史学史の再検討をも企図している。
【キーワード】朝鮮王朝、明清交替、燕行使、中朝関係、歴史学
主な著書・論文
  • 『明清交替と朝鮮外交』(刀水書房・2021年)
  • 『侠の歴史 東洋編』下(共著・上田信 編・清水書院・2020年)
  • 『ハンドブック近代中国外交史:明清交替から満洲事変まで』(共著・岡本隆司、箱田恵子 編著・ミネルヴァ書房・2019年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事