明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

下斗米 秀之
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

下斗米 秀之

明治大学 政治経済学部 専任講師

研究分野
アメリカ経済史
研究テーマ
アメリカの移民政策、技術援助の歴史
主な著書・論文
  • 『入門アメリカ経済Q&A100』(坂出健、秋元英一、加藤一誠編・「アメリカにとって移民とは何か?」「メキシコ国境の壁は移民問題を解決するか?」34-35、178-179頁担当・中央経済社・2019年)
  • 「1920年代アメリカ移民政策における企業経営者――経済史および労働経済学の移民研究の動向から」(『政経論叢』第87巻(1・2)65-90頁・2019年)
  • 「アメリカ1924年移民法の制定における経営者団体の取り組み――全国産業協議委員会の『移民会議』(1923年)の検討を通じて」(『社会経済史学』80巻1号15-35頁・2014年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム