明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

高峰 修

高峰 修

明治大学 政治経済学部 教授

研究分野
スポーツ社会学,スポーツ・ジェンダー研究
研究テーマ
スポーツ環境におけるセクシュアル・ハラスメントや暴力の問題、アスリートの身体と科学の関連
主な著書・論文
  • 『スポーツ教養入門』岩波書店,2010.
  • 『入門 スポーツガバナンス』笹川スポーツ財団編,東洋経済新報社,2014.
  • 『データでみる スポーツとジェンダー』日本スポーツとジェンダー学会編,八千代出版,2016.
  • 『高校運動部活動において指導者や上級生から受ける暴力・暴言経験のリスク分析』体育学研究,61(2):755-771,2016.
  • 『よくわかる スポーツとジェンダー』飯田・熊安・來田編著,ミネルヴァ書房,2018.

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム