明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

合田 正人

合田 正人

明治大学 文学部長 教授

研究分野
19、20世紀フランス・ドイツ哲学・文学、近代ユダヤ思想史
研究テーマ
19世紀を通じて醸成された「生理学」「心理学」「精神分析」「社会学」「人間学」「歴史学」など「人間科学」の諸相を分析し、そこに孕まれた諸問題の現代性を考察する。加えて17世紀以降のユダヤ人問題とも取り組んでいる。
【キーワード】哲学と文学の小道 リズム 精神医学 多島海 境界 分配共有
主な著書・論文
  • 『ユダヤ思想入門』(筑摩書房、2017年)
  • 『フラグメンテ』(法政大学出版局、2016年)
  • 『思想史の名脇役たち』(河出書房新社、2014)
  • 『田辺元とハイデガー』(PHP新書、2013年)
  • 『心と身体に響くアランの幸福論』(宝島社、2012年)
  • 『幸福の文法』(河出書房新社、2012年)
  • 『アラン 幸福論』(NHK「100分de名著」ブックス、2012)
  • 『吉本隆明と柄谷行人』(PHP新書、2011)
  • 『世紀を越える実存の思想』(明大リバティ・アカデミー・ブックレット、2007年)
  • 『サルトル「むかつき」ニートという冒険』(みすず書房、2006年)
  • 『フランスを読む』(共著、法政大学出版局、2004年)
  • 『ジャンケレヴィッチ——境界のラプソディー』(みすず書房、2003年)
  • 『レヴィナス——存在の革命へ向けて』(ちくま学芸文庫、2000年)
  • 『レヴィナスを読む——〈異常な日常〉の思想』(NHKブックス、1999年)
  • 『レヴィナスの思想——希望の揺籃』(弘文堂、1988年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム