明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

マイナンバーの隠れたリスクに目を向けよう

明治大学 商学部 教授/ビジネス情報倫理研究所所長 村田 潔

注視すべきなのは今後のファンクション・クリープ

 当初政府は、マイナンバーの用途は、税、社会保障、激甚災害対応に限るといっていましたが、すでに、用途を拡大することが公表されています。例えば、マイナンバーを医療情報に結びつけると、治療に役立てられるだけでなく、親や親類、さらには祖先の医療情報を一括して精査することが容易になり、罹りやすい病気の傾向を把握することで、個人ごとにオーダーメードした予防医療に役立てることができます。用途を拡大するときは、このようにメリットのみが喧伝されたり、または、目立たないように公表するケースもあります。情報システムに当初目的とした以外の用途を徐々に追加していくことをファンクション・クリープ(function creep)といい、特にプライバシー侵害が懸念されるマイナンバー・システムの場合、新たな機能の追加や用途の拡大に注意を払うことが重要です。

 日本人は、プライバシーというと個人情報や家庭生活のことと捉えがちです。しかし、プライバシーにはさまざまなものが含まれます。たとえば、夫婦が子どもを持つか持たないかの判断は生殖権(reproductive rights)に関わるものであり、個人的な決定に関するプライバシー(デシショナル・プライバシー(decisional privacy))に属する問題です。予防医療によって食事内容を指示することは、自分の心身をどのような状態に置くのかを自ら決定するデシショナル・プライバシーの侵害にあたることも考えられるのです。海外のプライバシー研究者たちは、ファンクション・クリープによる個人の自由の制約を問題視し、これをどうコントロールするかを議論しています。しかし、日本ではこうした議論はほとんどされていません。

社会・ライフの関連記事

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 岡部 卓
増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.9

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 倉地 真太郎
知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.10.2

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 熊谷 健一
自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.9.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 小林 清

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

人気記事ランキング

1

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.07.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム