明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

急速な円安と日銀の量的金融緩和策の弊害 ―バランスのとれた、柔軟な金融政策運営を―

打込 茂子 打込 茂子 明治大学 商学部 教授

柔軟な金融政策運営と成長戦略の推進を急ぐべき

打込茂子教授 こうした矛盾や弊害は、政策の行き詰まりを示すものと言わざるを得ません。ここはやはり、インフレ目標の修正・柔軟化など、日銀への信認を損なわない形での政策見直しが必要です。具体的には、①目標達成期間の長期化 ②他の指標も含めた総合的判断への移行・・・といったことが挙げられます。原油価格の大幅下落という、日銀の金融政策では制御できない事態を逆手にとって政策柔軟化に踏み出すべきでしょう。よりバランスのとれた金融政策の実行が必要です。
同時に、政府としても金融政策への依存から脱却し、”第三の矢”である成長戦略の推進、とくに大胆な規制緩和によって生産性、競争力を高め経済の活性化を図っていくことが求められます。

【補】日銀の量的緩和と国債購入:日本銀行の「量的金融緩和政策」は、日銀が市場から長期国債など金融資産の購入を拡大し、その代金支払いのかたちで資金供給量(マネタリーベース=流通現金+日銀当座預金)を増加させるもの。代金支払いの結果、日銀にある金融機関の当座預金残高が増加する。

※掲載内容は2014年12月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム