明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

EU離脱はイギリスの新たな成功の歴史への一歩となるか

長峰 章 長峰 章 明治大学 政治経済学部 教授

イギリスのEU加盟は経済的理由

 第2次世界大戦後、実際にヨーロッパを統合しようという気運が高まっていきます。まず、1952年に、フランス、西ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの6ヵ国によって欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が設立されます。歴史上、資源の獲得争いから戦争になることが多かったため、石炭と鉄鋼を共同管理しようという組織です。これはヨーロッパの最初の組織であり、ヨーロッパ統合への出発点といって良いでしょう。1958年には、欧州経済共同体(EEC)ができ、1967年に、ECSCとEEC、そして欧州原子力共同体(EURATOM)が統合し、EU(欧州連合)の前身となる欧州共同体(EC)が誕生します。このとき、イギリスはECに加盟しませんでした。

 ヨーロッパの歴史を見ればわかるとおり、ヨーロッパの統合には、経済的側面と、政治や安全保障の側面があります。統合を推進するフランスにとっては、隣国のドイツを封じ込め、二度と暴れさせないという思惑が強くありました。イギリスには、このような意図はフランスほど強くありません。むしろ、20世紀になりイギリスに替わって世界の覇権を握るようになったアメリカや、旧植民地を含む英連邦諸国とのつながりの方を重視していました。ところが1950年代以降、労働党の政策などにより産業国有化が進められると、国際市場での競争力を失い、イギリスの産業は衰退し、経済は停滞していったのです。「英国病」といわれる時代です。そこで、身近なヨーロッパの市場を頼りとして、1973年にイギリスはECに加盟します。この選択は成功したといって良いでしょう。1980年代の「サッチャー革命」とあいまって、イギリスの経済は活性化へと向かうのです。つまり、イギリスがECに加盟したのはまったく経済的理由で、フランスなどのように国家連合を創ろうという思いはありませんでした。むしろ、世界の覇権を握った大英帝国の記憶をもつイギリスにとっては、国家主権は絶対に譲れないという立場なのです。このイギリスの姿勢は、1993年にECを基盤にしたEU(欧州連合)の発足にあたり、離脱することはなかったものの、欧州単一通貨ユーロの導入には参加しなかったことに顕著に現われています。通貨を発行するのは重要な国家主権であり、イギリスがそれを手放すことはないのです。

国際の関連記事

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム