明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

会話による“掛け算”を通して、別の視点を得よう

井上 貴恵 井上 貴恵 明治大学 文学部 専任講師

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【58】

私はイスラム教に関わる思想を研究していますが、古典テキストの読み方を徹底的に教えていただいたのは東京大学・名誉教授の鎌田繁先生です。

イスラム教に関わるあらゆるテキストのベースとなるクルアーンは、意味が明白な部分もあれば、そうではない部分もあります。そのため、どう解釈していくかが鍵になりますが、大学時代は多くの量を短時間で読み解いていくことが当たり前でした。

しかし、大学院で受講した鎌田先生のゼミでは、一語一語かみしめながら読み解くスタイル。全く違う方法で衝撃を受けたのです。

例えば、クルアーン解釈のテキストが難解になると、先生は1時間近く沈思黙考。また、三文程度読むのに3時間かけることもありました。

先生が考え込まれると、私たち研究仲間も睡魔と戦い、時に負けながら、様々な読みの可能性を探り、一番しっくりくる言葉をみんなで選んでいきました。

また、これなら間違いないと思った訳を先生に提出した時には1時間沈黙。間違っていたのかと焦りましたが、解は決して1つではなかったのです。

解釈として一番しっくりくる表現は何か、誤解はないか、など、様々な方向から考えることを求められていたんですね。

今では、答えが1つではないことは理解できますし、そもそも正解がないということもあります。まずはいろいろな方向から考え、必ず全員に意見を聞く。先生はこれを徹底されていました。

私も授業ではなるべく全員の意見を聞くようにしていますね。意見の中には共通点や、いいなと思うところなど、必ずヒントになるものがあるはずで、そこを捉えることが大切だと感じています。

自分で知識を積み上げていくことももちろん大事で、それは足し算になると思いますが、私は人と話したり議論したりすることは、単純な増え方ではない“掛け算”の要素があると思っています。

どんなにくだらないことでも、とりあえず話をして相手を知る。人の意見に耳を傾け、別の視点も大事にする。これはビジネスシーンにおいても重要なポイントではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事