明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

違和感に気づいたら、そのままにせず追求しよう

大城 直樹 大城 直樹 明治大学 文学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【56】

文化人類学者のクリフォード・ギアツには、文化をどう捉えるかについて大いに刺激を受けました。

例えば、私の出身地である沖縄のお墓はとても大きく、かつては支配層にあたる士族だけの特権。そのため村人たちは崖にできた洞穴などに棺を納めていました。墓地は恐怖の場所だったのです。

士族は同じ始祖を持つ父方の血縁関係という“門中制度”を持続させていましたが、明治時代になるとそれが村人にも浸透。春になるとお墓の前に親族が集まって、先祖の供養をしながら食事を楽しむようになりました。

このように同じお墓であっても、長い年月をかけて場所の意味も、人々の意識も変化していったのです。

お墓はあくまでたとえですが、自分自身が文化の中にいると変化に気づきにくいもの。しかし外から、斜めから見ることで、また違うものが浮き彫りになることもあるでしょう。

これが文化を知ることにつながっていくわけですが、別の視点からものを見る、見た目の奥にあるものを見る、という大きな意味でギアツから影響を受けました。

皆さんも、時には自分のやっていることを違う角度から見てみてください。新しい発見があるかもしれませんし、反対にちょっと違うなと思うことがあるかもしれません。

違うと思ったことに対しては、もう少しこだわってみてはいかがでしょうか。違和感があるということは、すでに何かに気づいているのですから。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.6.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.6.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

2022.6.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

2022.6.2

尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明
ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.5.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事