明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

小松 孝徳
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

小松 孝徳

明治大学 総合数理学部 教授

研究分野
認知科学、ヒューマンエージェントインタラクション、ユーザスタディ
研究テーマ
シンプルな音情報やオノマトペによるユーザへの情報伝達手法の検討など
【キーワード】オノマトペ、Artificial Subtle Expressions、モラルロボティクス
主な著書・論文
  • Komatsu, T., Kurosawa, R., and Yamada, S. (2012). How does the Difference between Users' Expectations and Perceptions about a Robotic Agent Affect Their Behavior? International Journal of Social Robotics, vol. 4 (2), 109-116
  • Komatsu, T. (2017). Owners of Artificial Intelligence Systems are More Easily Blamed Compared with System Designers in Moral Dilemma Tasks, In Extended Abstract of the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2017), pp. 169 -170.
  • Komatsu, T., and Yamada, S. (2020). Exploring Auditory Information to Change Users’ Perception of Time Passing as Shorter, In Proceedings of the 38th ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2020), Paper No 30.

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

リレーコラム