明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

永井 一清
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

永井 一清

明治大学 理工学部 教授

研究分野
高分子化学、膜化学、海洋プラごみ、地球温暖化、国際標準化
研究テーマ
ユニークな機能を持つ高分子材料の提案とその創製
【キーワード】環境、エネルギー、機能材料
主な著書・論文
  • 『包装技術便覧』(共著・日本包装技術協会・2019年)
  • 『バリア技術』(編著・共立出版・2014年)
  • 『高分子膜を用いた環境技術』(共著・共立出版・2012年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム