明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

島田 剛
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

島田 剛

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

研究分野
国際経済学、開発経済学、国際関係論・国際協力
研究テーマ
国際協力によるカイゼン支援の社会的なインパクトに関する研究、災害後の復興におけるソーシャル・キャピタルの役割、コーヒーを軸とした神保町の街づくりとSDGsの取り組み
【キーワード】貧困、産業政策、ソーシャル・キャピタル、災害復興(レジリエンス)、国連研究
主な著書・論文
  • Shimada, Go and Tetsushi Sonobe. 2021. “Impacts of Management Training on Workers: Evidence from Central America and the Caribbean Region” Review of Development Economics, Forthcoming.
  • Hosono Akio, John Page and Go Shimada, eds. 2020. Workers, Managers, Productivity – Kaizen in Developing Countries. Singapore: Palgrave Macmillan.
  • 「国際開発におけるカイゼン研究の到達点と今後の課題 ― 学際的アプローチからの政策的インプリケーションの検討」(国際開発研究・2018年)
  • 「生産性向上のアメリカ対日援助の戦略と労働組合、アジアへの展開 ― 被援助国としての日本の経験」(国際開発研究・2018年)
  • Shimada, Go. 2017. "Inside the Black Box of Japan’s Institution for Industrial Policy – An Institutional Analysis of Development Bank, Private Sector and Labour". In Akbar Noman and Joseph Stiglitz, eds. Efficiency, Finance and Varieties of Industrial Policy. New York: Columbia University Press.

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム