明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

大黒 岳彦
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

大黒 岳彦

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

研究分野
哲学、情報社会論(メディア、情報社会の哲学的思想的研究)
研究テーマ
身体メディア論、電子メディア論を軸とした「メディアの基礎理論」の構築
【キーワード】メディア、身体、情報社会
主な著書・論文
  • 『ヴァーチャル社会の〈哲学〉──ビットコイン・VR・ポスト・トゥルース』(青土社・2018年)
  • 『情報社会の〈哲学〉──グーグル・ビッグデータ・人工知能』(勁草書房・2016年)
  • 『「情報社会」とは何か?―〈メディア〉論への前哨』(NTT出版・2010年)
  • 『謎としての“現代”―情報社会時代の哲学入門』(春秋社・2007年)
  • 『<メディア>の哲学―ルーマン社会システム論の射程と限界』(NTT出版・2006年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事