明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

竹内 栄美子
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

竹内 栄美子

明治大学 文学部 教授

専門
日本近代文学
略歴
1960年 大分県生まれ(愛媛県出身)
1991年 お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科単位取得退学
1997年 お茶の水女子大学にて博士(人文科学)の学位取得
お茶の水女子大学助手、千葉工業大学専任講師・助教授・教授を経て2016年より現職
所属学会等
日本近代文学会、日本社会文学会、昭和文学会、日本文学協会、初期社会主義研究会、明治美術学会、AAS
主な著書等
  • 『新編日本女性文学全集』第9巻(編著・六花出版・2019年)
  • 『中野重治・堀田善衛往復書簡1953-1979』(共編著・影書房・2018年)
  • 『アジアの戦争と記憶』(共著・勉誠出版・2018年)
  • 『大衆とサークル誌 コレクション戦後詩誌9』(編著・ゆまに書房・2017年)
  • 『社会文学の三〇年』(共編著・菁柿堂・2016年)
  • 『中野重治と戦後文化運動』(論創社・2015年)
  • 『〈異郷〉としての大連・上海・台北』(共著・勉誠出版・2015年)
  • 『作家の原稿料』(共著・八木書店・2015年)
  • 『女性作家が書く』(日本古書通信社・2013年)
  • 『大杉栄と仲間たち』(共著・ぱる出版・2013年)
  • 『中野重治書簡集』(共編著・平凡社・2012年)
  • 『戦後日本、中野重治という良心』(平凡社新書・2009年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事