明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

松橋 公治

松橋 公治

明治大学 文学部 教授

研究テーマ
経済地理学(経済・産業地理学に関する研究。特にグローバル化の中での工業立地変動と国内の地域構造再編との連関、産業集積地域の変化)、再生可能エネルギーの普及とその可能性
主な著書・論文
  • 「産業配置と企業空間」(ミネルヴァ書房、矢田俊文編『地域構造の軌跡と展望』・2005年)
  • 「非大都市圏の産業集積地域における中小企業のネットワーク展開の意義」(単著・『経済地理学年報』・2005年)
  • 「イタリアの地域構造-南北構造とサード・イタリーの台頭」(東京大学出版会、松原宏編『先進国経済の地域構造』・2003年)
  • 「米沢市における電機・電子工業をめぐる社会的環境ネットワーク——業界ぐるみの地域的『学習』組織の展開——」(単著・『駿台史学』・2002年)
  • 『空間的分業-イギリス経済社会のリストラクチャリング 』(共訳・古今書院・2000年)ほか

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事