明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

荒川 利治
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

荒川 利治

明治大学 理工学部 教授

研究分野
建築学 構造動力学、耐震構造、地震工学、構造工学
研究テーマ
減衰特性が建物の地震応答性状・耐震性能評価に与える影響の解析と実測
学位
博士(工学)
主な著書・論文
  • 『建築の振動(初歩から学ぶ建物の揺れ)』(共著・朝倉書店・2005年)
  • 『建築の振動(応用編)』(共著・朝倉書店・2009年)
  • 「検証ラボ『サーバーラックの振動実験』」(日経システムズ第214号・日経BP・2011年)
  • 『実測データに基づく鉄骨造高層建物の構造ヘルスモニタリングと減衰特性評価』(共著・日本建築学会技術報告集・2013
  • 『東北地方太平洋沖地震の首都圏高層住宅におけるアンケート調査(室内被害の実態と行動分析)』(共著・日本建築学会技術報告集・2013)ほか

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.07.07

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

4

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

連載記事