明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

児童虐待をなくすには社会全体で育児をサポートすることが必要

明治大学 文学部 教授  加藤 尚子

虐待のない育児のためにもサポートが重要

加藤尚子 では、そのような不安定型のアタッチメントの人は変わることができないのかといえば、決してそんなことはありません。変わるために一番大きく影響するのは、恋人や配偶者など、パートナーとの関係です。不安定型のアタッチメントの人の気持ちを理解し、日常の行動の中で気持ちを理解し、具体的に慰めてくれたり、一緒に育児をしてくれたりする、サポーティブなパートナーがいると、不安定なアタッチメントパターンから獲得安定型のアタッチメントを持つことができるようになるのです。

 実は、こうしたサポートは不安定型のアタッチメントの人だけでなく、一般の人にとってもとても重要です。日本では、まだまだ育児は母親の仕事と思われていますが、お母さんが一人で育児をするストレスはとても高いのです。例えば、おむつを替えたり、食事をさせるのはお母さんでも、そばにお父さんがいて、「大変だね」と思いやりのある言葉を掛けてくれたり、頑張りを認めてくれたり、あるいは「ちょっとやってあげようか」と声をかけるなど、温かい関心と目が向いているというだけでも、ストレスは軽減されるのです。子どもに一人で向き合い、自分がすべてやらなくてはいけないという状況によるストレスが感情のコントロールを失わせ、子どもとの関わりの質を低下させてしまったり、虐待の原因になることもあるのです。

 アタッチメントは子どもと親との一対一関係と思われがちですが、アタッチメントの質は、実は、アタッチメント対象になる大人が自分の配偶者やパートナーからサポートしてもらっている感覚があると、子どもとのアタッチメント関係の質も良くなることがわかっています。最近、男女共同参画が重視されるようになり、育児でもイクメンという言葉が肯定的に使われるようになってきました。私はさらに一歩踏み込んで、子育ては社会全体の責任という意識を形成したいと思っています。親は自分のパートナーからだけでなく、社会から子育てを応援してもらえる、見守ってもらえてる、支えられているという実感がもてるようになると、子どもへの関わりの質も良くなるのです。

 最近、しつけのために子どもを山中に置き去りにしたことがニュースとなり、しつけと虐待の違いについて質問されることが多いのですが、答えはすごくシンプルです。親の思いや意図は関係なく、子どもの心や身体を傷つけていないか、子ども目線で自分の行為を見ることです。「あんたが悪いことをするから」と、自分が怒ったり叩いたりした原因を子ども側にあるという言い方をするときは、感情的になっていて自分の怒りが抑えられなくなり、子どもを傷つけていることにも気づかなくなっているときです。そんなとき、親の周りにたくさんの目やサポートの手があれば、子どもも救われるし、親も救われるのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.12.2

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 辻 昌美
低価格志向と食の安全・安心

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 中嶋 晋作
コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

2020.9.23

コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 野澤 千絵
土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.9.9

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加藤 雅彦
人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.8.5

人口変動と人びとの歴史を結わえること

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 中島 満大

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

4

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム