明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

井上 達樹 井上 達樹 明治大学 商学部 専任講師

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【102】

修士課程で共同研究をさせていただいた小笠原浩太先生(東京工業大学准教授)と、博士課程で指導教員をしていただいた岡崎哲二先生(東京大学教授)への感謝は忘れることはできません。

ある日、小笠原先生が「博士課程は考えていないの?」とおっしゃったので「はい」と正直に答えると、「せっかく研究者としての能力があるのにもったいないですね」という思わぬお言葉が。

当時の私は、本当に就職しか考えていなかったのですが、経済史分野の若手として優秀な実績をあげている先生に背中を押されたことで、最終的には博士課程への進学を決意しました。

博士課程でお世話になった岡崎先生は、あまり無駄な話はされず、こと細かに説明することもなく、本当に大事なところだけを見極めて指導してくださる方です。

やる気を出させるために褒めることもなく、つまらないと思えば「これはあんまり面白くないですね」と言ってくださるような率直さに、私はいつも深い敬意を抱いていました。

岡崎先生は、経済史学界のトップクラスの先生です。そんな実力者に自分の研究を「面白いですよ」と言っていただけた時には、ほとんどを自力で進めていたこともあり、かなりの自信になりましたね。

お二人に共通するのは「教えるより育てる」ということ。あまり自分で考えない人には、自らすすんで指導されることはなく、やる気のある人が質問をすると丁寧に教えていただけます。

会社で言えば、熱意のある若い社員には好きなようにやらせ、アドバイスを求められたら親身になって応え、結果が出るまで優しく見守るベテラン社員というところでしょうか。

若い方は上司に言われるまま仕事を無難にこなすより、自分で考え、自分で動き、「よくない」と言われたらまた考え直す。そんな繰り返しから答えを出すほうが、自信がついて仕事も面白くなりますよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.2.2

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 光永 威彦
ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.1.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 新山 龍馬
皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

2023.1.19

皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 田中 ひかる
想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

2023.1.12

想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 大槻 晴海
無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

2022.12.22

無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 松下 浩幸

新着記事

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.02.02

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.01.31

体内時計が教えてくれるアラーム

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

3

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

4

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

連載記事