明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【77】

私のアイデアの源は、「ワイワイ」「ブラブラ」することです。

コーヒーを飲みながら雑談したり(ワイワイ)、散歩や自転車を漕いだりするときに(ブラブラ)、ホワッとアイデアの素のようなものが浮かんでくることがあります。

そうして出てきたものを頭の片隅に置いておき、ノートに書き留めたりするなど、きちんと残しておくことを大事にしています。

さらにそれを研究仲間との議論や、現象数理学の視点を通じて、煮詰めていきます。

これまでの経験上、くだらないと思うアイデアでも、口に出してみるのがコツです。

10のうち上手くいくのは1つぐらいかもしれませんが、思い切って外側に出してみるとよい方に化ける可能性があります。

しかし、アイデアの素になりそうなものが出てきても、「これは面白い!」と自分で気付けないことには始まりません。

そういった目や耳を養うのはとても難しいのですが、普段から様々なことを面白がったり、経験してみることが近道だと感じます。

そのためには、くだらない発言・会話を許してもらえる場や雰囲気づくりが大切です。普段は「羞恥の池」の底に沈んだアイデアが出てくるかもしれません。

このときアイデアを受けとめる側の力量も試されます。もちろん「何も出てこなくても全然OK」という前提が大事です。

ビジネスパーソンの方でしたら、積極的に異なる業界の人や幅広い年齢の人と、できる限り遠慮を排除した形で、コミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

「ワイワイ」「ブラブラ」しながら、アイデアのヒントに気付けるような目や耳を育んで欲しいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太
著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

2021.5.20

著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム