明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【77】

私のアイデアの源は、「ワイワイ」「ブラブラ」することです。

コーヒーを飲みながら雑談したり(ワイワイ)、散歩や自転車を漕いだりするときに(ブラブラ)、ホワッとアイデアの素のようなものが浮かんでくることがあります。

そうして出てきたものを頭の片隅に置いておき、ノートに書き留めたりするなど、きちんと残しておくことを大事にしています。

さらにそれを研究仲間との議論や、現象数理学の視点を通じて、煮詰めていきます。

これまでの経験上、くだらないと思うアイデアでも、口に出してみるのがコツです。

10のうち上手くいくのは1つぐらいかもしれませんが、思い切って外側に出してみるとよい方に化ける可能性があります。

しかし、アイデアの素になりそうなものが出てきても、「これは面白い!」と自分で気付けないことには始まりません。

そういった目や耳を養うのはとても難しいのですが、普段から様々なことを面白がったり、経験してみることが近道だと感じます。

そのためには、くだらない発言・会話を許してもらえる場や雰囲気づくりが大切です。普段は「羞恥の池」の底に沈んだアイデアが出てくるかもしれません。

このときアイデアを受けとめる側の力量も試されます。もちろん「何も出てこなくても全然OK」という前提が大事です。

ビジネスパーソンの方でしたら、積極的に異なる業界の人や幅広い年齢の人と、できる限り遠慮を排除した形で、コミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

「ワイワイ」「ブラブラ」しながら、アイデアのヒントに気付けるような目や耳を育んで欲しいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム