明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ソーシャル・リテラシーを高めて、新しい時代を生き抜こう

高浜 光信 高浜 光信 明治大学 商学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【30】

私は、「流れを作る人間」がリーダーだとは思いません。もっと広い眼で「流れを鳥瞰できる人間」こそ、真のリーダーにふさわしいと考えます。目先の利益しか追わず、他人の痛みがわからない人間がリーダーになっても、ついていくほうが困ってしまいます。

明治大学は『「個」を強くする大学』をスローガンに掲げていますが、それがイコール「ユニークであれ」ということではないと思います。まずは自分の弱さを知りなさい、自分の弱さをカバーするために人間や社会に対する理解を深めなさいということです。

自分の思い込みだけをものさしにして動くのは危険です。いろいろな人の話を聞き、視野を広くして学ぶことで自らのものさしを磨いていく。知らない世界はいくらでもあります。すべてを知ろうとするのは難しくても、自分のピンときたものにかじりついていく直感力とセンス、そして持続力が必要とされるのではないでしょうか。次々に新しい技術が導入され、環境が変わっていく時代に生きていくために、社会リテラシーを磨き、社会の中で自分がどんな役に立てるのかを見失わないようにしていかなければなりません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太
著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

2021.5.20

著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム