明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

吉村 英恭
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

吉村 英恭

明治大学 理工学部 教授

研究分野
構造生物学
研究テーマ
蛋白質を利用したナノ粒子の生成/X線顕微鏡の開発/細菌べん毛の構造と機能
主な著書・論文
  • 『いのちの物理―生物物理学はじめの一歩』(桐書房・2006年)
  • Two-Dimensional Crystallization of P22 Virus-Like Particles, Hideyuki Yoshimura, Ethan Edwards, Masaki Uchida, Kimberly McCoy, Raj Roychoudhury, Benji Schwarz,Dustin Patterson and Trevor Douglas, J. Phys. Chem. B, 120, 5938-5944 (2016)
  • Ferritin protein encapsulated photoluminescent rare earth nanoparticle, T. Harada, H. Yoshimura, J. Appl. Phys., 114, 044309(1-8) (2013). July
  • Contrast Enhancement and Three-dimensional Computed Tomography in Projection X-ray Microscopy, H. Yoshimura, D. Shoutsu, R. Sano, T. Mitsui, In Xray Microscopy, American Insitute of Physics, 525-528, (2000).
  • Two-Dimensional Protein Array Growth in Thin Layers of Protein Solution on Aqueous Subphases, H. Yoshimura, T. Scheybani, W. Baumeister, and K. Nagayama,Langmuir, 10, 3290-3295 (1994).
  • Two-dimensional Crystallization of Proteins on Mercury, H. Yoshimura, M. Matsumoto, S. Endo and K. Nagayama, Ultramicroscopy, 32, 265-274 (1990).

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事