明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

辻村 みよ子

辻村 みよ子

明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授(2020年3月退任)

プロフィール
明治大学専門職大学院 法務研究科教授(2013年~現在)、東北大学名誉教授
法学博士(一橋大学大学院)
日本学術会議会員(2003~2014年)、ジェンダー法学会理事長(2009~2011年)・全国憲法研究会代表(2011~2013年)等を歴任。現在、国際憲法学会理事・同日本支部副代表、日本公法学会理事、内閣府男女共同参画会議議員等。
研究分野
憲法学、比較憲法、ジェンダー法学
研究テーマ
人権とジェンダー、フランス憲法史、主権・選挙権論研究など
主な著書・論文
  • 本連載コラムに関連する単著として、『比較のなかの改憲論』(岩波新書、2014年)、『憲法改正論の焦点――九条と二四条から考える(仮)』(法律文化社、2018年近刊)、『比較憲法(第3版)』(岩波書店、2018年近刊)。
  • 近年の単著として、『憲法〔第5版〕』(日本評論社、2016年)、『憲法と家族』(日本加除出版、2016年)、『概説 ジェンダーと法〔第2版〕』(信山社、2016年)、『選挙権と国民主権』(日本評論社、2015年)、『人権をめぐる十五講』(岩波書店、2013年)、『ポジティヴ・アクション』(岩波新書、2011年)、『憲法から世界を診る』(法律文化社、2011年)など。
  • 編著書として、辻村責任編集『憲法研究(創刊号)』(信山社、2017年)、辻村編集代表『講座 政治・社会の変動と憲法――フランス憲法からの展望(全2巻)』(信山社、2017年)、初宿正典・辻村みよ子編『新解説 世界憲法集(第4版)』(三省堂、2017年)などがある。

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事