明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

阿部 芳郎
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

阿部 芳郎

明治大学 文学部 教授

研究分野
先史考古学
研究テーマ
縄文時代の社会構造と生業 日本考古学史 実験考古学
【キーワード】生業 縄文時代 居住形態
主な著書・論文
  • 『日本人はるかな旅』(共著) 日本放送出版協会2001 1800円
  • 『縄文社会を探る』(共編著) 学生社2003 2400円
  • 『失われた史前学』(単著) 岩波書店2004 3400円
  • 『考古学の挑戦』(共著) 岩波書店2010 860円

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム