明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

杉原 厚吉
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

杉原 厚吉

明治大学 研究・知財戦略機構 先端数理科学インスティテュート 研究特別教授

研究分野
数理工学、計算幾何学、現象数理学
研究テーマ
視覚の数理モデリング、立体錯視の解明と軽減対策、錯視遊具の開発
主な著書・論文
  • 『鏡のトリック立体キットBOOK』(永岡書店・2021年)
  • 「Misperception of road curvature due to slope change(坂道傾斜の変化に起因する道路カーブの鋭さの誤認)」(『Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics』第38巻, pp. 379-389・2021年)
  • 『新錯視図鑑』(誠文堂新光社・2018年)
  • 『鏡で変身!?ふしぎ立体セット~驚きの錯覚 不可能立体の世界』(東京書籍・2017年)
  • 『エッシャーマジック --- だまし絵の世界を数理で読み解く』(東京大学出版会・2011年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

連載記事