明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

生方 智子
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

生方 智子

明治大学 文学部 教授

研究分野
日本近代・現代文学における身体イメージと無意識の表象研究
主な著書・論文
  • 「「孤児物語」のファンタジー 大島弓子『夏の終わりのト短調』に至る幻想と欲望」「敍説」Ⅲ09、2013/3
  • 「映像体験という情動—谷崎潤一郎『青塚氏の話』」「Juncture」02、2011/3
  • 「快楽を語る言葉—一九八〇年代フェミニズムと森瑤子の〈女ざかり〉—」「日本文学」No670、2009年
  • 『精神分析以前 無意識の日本近代文学』翰林書房、2009年
  • 「受動化する身体、見出される風景—漱石、谷崎、乱歩における「遊民」たち」『日本文学からの批評理論』笠間書院、2009年
  • 「愛を告げる者—萩尾望都の作品における〈鏡〉の機能」『少女少年のポリティックス』青弓社、2009/2
  • 「探偵小説以前—佐藤春夫『指紋』における〈謎解き〉の枠組み—」『日本近代文学』」No74、2006
  • 「谷崎潤一郎『二人の芸術家の話』における〈天才〉の位相」『「国語と国文学』」No83-1、2006

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

5

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

連載記事