明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

小林 信行

小林 信行

明治大学 名誉教授(元経営学部教授)

研究分野
ドイツロマン主義の・観念論の芸術哲学、歴史哲学、自然哲学
主な著書・論文
  • Leben und Geschichte. Studien zur deutschen Geistesgeschichte des 19. und 20. Jahrhunderts. 2008/01 書名 Leben und Geschichte. Studien zur deutschen Geistesgeschichte des 19. und 20. Jahrhunderts.出版社名:K?nigs- hausen & Neumann. “Lothar Knatz, Nobuyuki Kobayashi, Takao Tsunekawa”
  • 充満するイロニーと進展するポエジー —Fr.シュレーゲル1800年の思考圏の考察— 2007/01 伊坂青司・原田哲史編『ドイツ・ロマン主義研究』(お茶の水書房)
  • Die Idee der Neuen Mythologie beim jungen Fr. Schlegel no.  200
  • Fr.シュレーゲル:古代と革命への情熱 『人文科学論集』(明治大学経営学部人文科学研究室)2009/03
  • Fr.シュレーゲルの「生の哲学の諸相」 『シェリング年報』13号 晃洋書房2005/07
  • Neue Mythologie als romantisches Manifest  明大人文研紀要(明治大学人文科学研究所)2003/03
  • シェリング芸術の哲学講習会(クロアチア)報告(学会報告) 『シェリング年報』(晃洋書房)2000/07
  • ロマン派の「ファンタジー」概念に関する一連の覚書き 日本ヘルダー学会『ヘルダー研究』 2000/03
  • イェナ(1796年)のFr.シュレーゲルとフィヒテ 晃洋書房『フィヒテ研究』 1998/11
  • ミハエル=エルゼッサー著「フリードリヒ=シュレーゲルの物への批判」『シェリング年報』(晃洋書房) 1996/07
  • 中井千之著「予感と憧憬の文学論」『ドイツ文学』(日本独文学会・郁文堂) 1996/04

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事