明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

答えが出ない問題を考え続ける力を養おう

明治大学 理工学部 准教授 横山 大作

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【42】

鷲田清一『わかりやすいはわかりにくい?–臨床哲学講座』(ちくま新書・2010年)

本書は、哲学者の鷲田清一氏が、常識とは異なる角度から哲学的に物事を見る方法をレッスンし、自らの言葉で考える力を養う内容になっています。

「わたし」とは誰なのか、生きることの意味とは。これらの問いは、答えではなく、問うこと自体に意味のほとんどがあると著者は述べています。

現代では、ある目標を「うまくやる」ことはAIによってどんどん簡単に、そして上手になっています。その外側、「何を目指すのか、何が望ましいのか」を決めることが人間に残された課題なのです。

ある部分はAIに任せてしまうけれども、ある部分は答えが出ないのだろうなと思いながら自分で引き受ける。

私たちはわかりやすい結論に飛びつきがちですが、答えが出ない問題もきっとあるだろうし、それをわからないままになんとかしのぐというのが、これから本当に求められる力なのではないでしょうか。

ビジネスの社会でも同じです。会社で、この問題については部下を信じて託す、一方で、自分なりに考えたい部分はしつこく心にとどめておくという必要性があると思います。

13のテーマに分かれているので、一つひとつが読みやすく、頭に入ってきます。そばに置いておいて時間のあるときに読んでみてはいかがでしょうか。

「何が問題であるかを考える力」を養うためのヒントとして本書を推薦します。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

2019.8.8

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 山﨑 健司
#5 センサーデータって誰のもの?

2019.8.6

#5 センサーデータって誰のもの?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
#4 ロボットは個人の情報を収集している?

2019.8.2

#4 ロボットは個人の情報を収集している?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

2019.8.1

人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

2019.7.30

#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム