明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

吉村 武彦

吉村 武彦

明治大学 文学部教授 日本古代学研究所所長

略歴
1945年 朝鮮半島・大邱生まれ。京都・大阪育ち
1968年 東京大学文学部卒業
1973年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退 博士(文学)
東京大学文学部助手、千葉大学教授を経て、1990年より現職。
主な著書
『日本の歴史3 古代王権の展開』(集英社)/『日本古代の社会と国家』(岩波書店)/『古代天皇の誕生』(角川選書)/『聖徳太子』(岩波新書)/シリーズ日本古代史2『ヤマト王権』(岩波新書)/『女帝の古代日本』(岩波新書) 他
所属学会
歴史学研究会、史学会、木簡学会、史学研究会、古代交通研究会、古代都市条里制研究会

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム