明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

関口 裕昭

関口 裕昭

明治大学 情報コミュニケーション学部准教授

略歴
1964年大阪府生まれ。慶應義塾大学大学院修了。京都大学博士(文学)。在学中、ゲッティンゲン大学に留学。専攻は、近・現代ドイツ抒情詩、ドイツ・ユダヤ文学。
主な著書
  • 『パウル・ツェランへの旅』(郁文堂)
  • 『評伝パウル・ツェラン』
  • 『パウル・ツェランとユダヤの傷』(慶應義塾大学出版会)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム