明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

菊池 良生

菊池 良生

明治大学 理工学部教授

略歴
1948年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、早稲田大学大学院博士課程単位取得後退学。専攻はドイツ・オーストリア文化史。
主な著書
  • 『戦うハプスブルク家-近代の序章としての三十年戦争』
  • 『傭兵の二千年史』
  • 『ハプスブルク帝国の情報メディア革命-近代郵便制度の誕生-』など多数

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

人気記事ランキング

1

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

4

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム