明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

下谷 和幸

下谷 和幸

明治大学 農学部 教授

研究分野
英文学、18世紀イギリスのテイスト論
研究テーマ
18世紀イギリスで審美能力として論じられたテイスト概念を、美学・批評の観点からその概念構造を明らかにすると同時に、そのメタファー概念としての限界を、認知言語学の理論を応用しつつ考察。
主な著書・論文
  • 『Multiple Perspectives on English Philology and History of Linguistics』(共著)、Peter Lang,(2010)
  • 『The Limits of the Metaphorical Concept of Taste in Eighteen-Century British Aesthetics and Criticism』 2002篠崎
書林
  • 『マニエリスム芸術の世界』1977講談社

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム