明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

李 英美
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

李 英美

明治大学 商学部 教授

研究分野
法制史
研究テーマ
法の継受と相互影響関係、東アジア近代法学・関連諸科学ネットワークと人材育成、朝鮮・韓民族のディアスポラなど
主な著書・論文
  • 「戦前韓国の「人権弁護士トロイカ」を輩出した明治大学」(「白雲なびく~遥かなる明大山脈~留学生編」(web版)・明治大学大学史資料センター・2020年)
  • 「離散家族問題の歴史と現在をつなぐ」(『現代思想』46巻12号,106-114頁・青土社・2018年)
  • 「韓国・朝鮮の慣習調査関連資料、慣習調査事業及び慣習法関連研究について」(『法制史研究』67巻,536-537頁・法制史学会・2018年)
  • 「朝鮮総督府中枢院における韓国・朝鮮の慣習調査事業と調査報告書に関する研究―米国ハワイ大学マノア校(UH Manoa)・Hamilton LibraryのKorean Locked Press所蔵資料の紹介と分析を中心に」(3・完)(2)(1)(『東洋文化紀要』170巻ほか・128-134頁ほか・東京大学東洋文化研究所・2016年ほか)
  • 『記念出版BU100 ボアソナード・梅謙次郎没後一〇〇周年記念冊子(上)報告集』(共著・法政大学・2015年)
  • 「朝鮮総督府中枢院における韓国・朝鮮の慣習調査報告書に関する書誌学的研究―米国カリフォルニア大学バークレー校(UCB)・the C.V.Starr East Asian Library所蔵資料を中心に」(『東洋文化研究所紀要』165巻,75-117頁・東京大学東洋文化研究所・2014年)
  • 「日本統治時代における韓国・朝鮮の慣習調査報告書に関する書誌学的考察―米国ハーヴァード大学・イェンチン図書館(Harvard Yenching Library)の所蔵資料を中心に」(『明治大学教養論集』491巻,147-174頁・明治大学教養論集刊行会・2013年)
  • 「アジア人留学生」(共著=筆頭者以外・明治大学史資料センター編『明治大学小史―人物編』218-229頁・学文社・2011年)
  • 『韓国家族制度の研究』(共著共訳=筆頭者・法政大学出版局・2008年)
  • 「韓国近代離婚慣習法の定立過程―協議上の離婚を中心に」(『東洋文化研究』8巻,103-130頁・学習院大学東洋文化研究所・2006年)
  • 『韓国司法制度と梅謙次郎』(法政大学出版局・2005年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

リレーコラム