明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

高遠 弘美
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

高遠 弘美

明治大学 名誉教授(元商学部教授)

略歴
1952年長野県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。
主な著書
  • 『プルースト研究』
  • 『乳いろの花の庭から』
  • 『七世竹本住大夫 限りなき藝の道』(講談社・2013年)
  • 『物語 パリの歴史』(講談社現代新書・2020年)
共編著
  • 『七世竹本住大夫 私が歩んだ90年』(福田逸と聞き手・講談社・2015年)
訳書
  • カリエール&ベシュテル『珍説愚説辞典』
  • ロミ『突飛なるものの歴史』
  • P・レアージュ『完訳Oの物語』
  • プルースト『消え去ったアルベルチーヌ』
  • ロミ『乳房の神話学』(青土社・1997年/角川ソフィア文庫・2016年)
  • ロミ『完全版 突飛なるものの歴史』(平凡社・2010年)
  • 「失われた時を求めて(1) 第一篇 スワン家のほうへⅠ」(光文社古典新訳文庫・2010年9月)
  • 「失われた時を求めて(2) 第一篇 スワン家のほうへⅡ」(光文社古典新訳文庫・2011年12月)
  • 「失われた時を求めて(3) 第二篇 花咲く乙女たちのかげにI」(光文社古典新訳文庫・2013年3月)
  • 「失われた時を求めて(4) 第二篇 花咲く乙女たちのかげにⅡ」(光文社古典新訳文庫・2016年1月)
  • 「失われた時を求めて(5) 第三篇 ゲルマントのほうⅠ」(光文社古典新訳文庫・2016年11月)
  • 「失われた時を求めて(6) 第三篇 ゲルマントのほうⅡ」(光文社古典新訳文庫・2018年7月)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事