明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人は信じたいものを信じるから、フェイクニュースに操られる

江下 雅之 江下 雅之 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

新しい技術やツールに人が奉仕するような状況が進行している

江下 雅之  つまり、私たちは技術的環境の真新しさに目を奪われるべきではなく、どのような情報の需要構造がどのような機能と役割を求めているのか、そこにどのような技術やツールが用いられているのかを認識することが重要なのです。例えば、いま、多くの人がインスタグラムを楽しんでいますが、ここに至る大きな転換点は、2001年に起きたアメリカの同時多発テロ当時にはっきりとあらわれていたと考えられます。マンハッタンの高層ビルにハイジャックされた航空機が突入することなど、誰も想像もしていなかったことなのに、いまでも1機目の突入の映像が大量に残っています。あのとき、私たちは、自分たちが常に記録し、発信できる状況にあることを認識し、その技術やツールが私たち自身の映像情報の需要に応えるものだとわかったのです。それが、インスタグラムのような使い方を受け入れるタイミングになったといえます。しかし、一方でこうした技術やツールは監視社会の構築にもつながっています。私たちに、犯罪の抑止であれ、生活の利便性であれ、監視情報の需要構造があるからです。しかし、そのための新しい技術にばかり目を奪われていると、人が技術に奉仕するような抑圧的な状況が、知らぬ間に進行しかねないのではないでしょうか。

 最後に、私のマイブームをひとつ。昨年の秋、テレビドラマの原作者が、そのドラマの放送を見ながら感想を随時ツイートしたところ、多くの視聴者とツイートを共有することになったことが話題になりました。実は、私もテレビドラマを見ながら、ネタをツイートし合うという楽しみ方をしています。新しい技術の普及にともなって、それ以前のメディアは廃れていくと思われがちですが、定時放送というテレビドラマを、ツイッターとメディアミックスすることで、同期性を楽しむメディアとして再評価する人が増えてきているのです。エンターテインメントを多くの人と共有したいという自分たちの需要をしっかり見つめれば、そこに必要なメディアは真新しいものばかりではないことが、見えてくるはずです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事