明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

李 英美 李 英美 明治大学 商学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【25】

私が影響を受けた人物は、朝鮮の独立運動家であるチョ・マンシク(曺晩植)先生です。韓国では、道徳の本などでその功績が語り継がれています。

私は今、明治大学史の委員会で、アジアからの留学生について研究しているのですが、驚いたことに、チョ先生も本学の出身であるとわかったのです。

20世紀初頭、朝鮮は日本の支配下にあり、若者の学びの場は日本にしかありませんでした。そのため若かりし頃の先生も、日本に留学されたのです。

本学で学問に励む中、非暴力・不服従でインドを独立に導いたマハトマ・ガンジーを知り、その思想に傾倒したと言われています。

朝鮮に帰国後は、国産品の愛用を奨励したり、民族教育のための大学設立を志したりするなど、ガンジーにならって無抵抗主義民族運動を展開。「朝鮮のガンジー」と呼ばれ、人々の尊敬を集めました。

チョ先生の他にも本学からは、朝鮮の独立運動家などのために無料で活動を行った“三大人権弁護士”をはじめ、著名人を数多く輩出しています。

朝鮮半島出身の明治大学卒業生は、なぜこんなにも強いのか。彼らに共通する明治大学の建学の精神「権利自由」「独立自治」はどのように培われたのか。

同郷の者として非常に関心を持つとともに、私自身がこの大学にいてこそ、総合的に理由を研究できると考えているのです。

閉塞感漂う今の時代、チョ先生たちのように、自主・独立の精神を持つことが大切ではないでしょうか。一人ひとり「個」を磨き、より良い社会づくりを目指す意識が必要だと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.7

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 湯淺 墾道
新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

2021.9.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 太田 勝造
“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

2021.9.28

“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム