明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

管理だけでなく、働く側の意志を反映するものでもある

人事労務管理は企業経営では欠かせない機能のひとつですが、その意味を、人材をより有効に効率的に活用するための管理術としてだけ捉えている人も多いようです。

しかし、そもそもは、人事とは、ホワイトカラー、もしくはオフィスワーカーの管理であり、労務とは、労働組合との交渉ということです。

つまり、人事労務管理とは、ふたつの意味をもっているのです。単に人材を最大限に活用することではなく、企業側からの「働かせる」と、労働者側の「働く」というふたつの利害の接点、もしくは、そのふたつを調整するという役割があります。

言い換えれば、企業の理念や戦略に沿うような人材を採用し、適応させて管理するということと、労働者自身の働きがいと働く糧を得るということの、ふたつを調整するということでもあります。

近年では、人的資源管理という言い方もされるようになっています。そこには、経営戦略と人材の能力開発とを積極的に結びつける意味が含まれています。

けれども、人事労務管理は、管理という言葉が使われていますが、企業の戦略だけでなく、働く側にとっての働き方や、大きな意味で言えば、生き方が反映されるものでもあります。要は、働く者ひとりひとりが積極的に関わっていくべきものでもあるわけです。

ここにもうひとつの要素として、政府というものも入ってきます。将来を見据えた経済政策などによって、企業と労働者に様々なことが求められるのです。

つまり、「働かせる」こと、「働く」こと、そのための能力を「育成する」ことは、国がどういう社会を目指すのか、その大きな潮流の中で行われるということです。

こうしたことを踏まえた上で、以下のような、いま人事労務管理の論点になっていることを考えると、その意味が見えてきます。

●AI(人工知能)に人間の仕事が置き換えられる
●AI、ICT技術者の育成が急務だ
●生産性を高めなくてはいけない
●創造性や戦略立案力を高めなければならない
●日本型雇用慣行を改めてジョブ型雇用にすべきだ
●新規学卒一括採用をやめるべきだ
●フリーランスや雇用類似労働者の権利や社会保障を認めるべきだ
●非正規雇用労働者と正規雇用労働者の間の処遇格差を是正すべきだ
●所得格差とそこからくる大学進学率などの教育格差をなくすべきだ

次回は、人事労務管理の論点の背景について解説します。


#1 人事労務管理とは?
#2 日本は他国の下請け産業の国になる?
#3 労働者は三層化する?
#4 日本の労働者の二極化が進行する?
#5 働き方はいろいろあって良い?
#6 新規学卒採用はなくなる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.6.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.6.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

2022.6.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

2022.6.2

尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明
ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.5.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事