明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

動画を見たり、人との交流を通じて発想を広げよう

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授 藤岡 資正

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【13】

私は経営学を専門にしていますが、研究を行う際のアイデアの源の一つとなるのは、やはり自らの研究分野の論文と第一線で活躍されている実務家との交流です。

それに加えて専門外の書物、最近では、ブログや動画からもヒントを得ることがあります。

私たち世代は昔、パナソニック創業者の松下幸之助氏などの偉大な経営者に関する書物から多くのことを学びましたが、いまビジネススクールに通う若い学生は、ネット配信を通じて起業家やアーティストからも多くの知識を吸収しています。

以前は、「アカデミックなもの以外は…」と敬遠していましたが、実際に見てみると納得できる部分もありますし、若い学生に話をするときにはより伝わりやすくなるよう、動画に出てくる方たちの事例や言葉を使うようにすることもあります。

いまの学生たちは多様なメディアを通じて様々な情報を吸収し、その情報は学生の価値観の形成にも影響を及ぼすため、私自身もそこから学ぶべきことが多々あるのです。

経営には経営者だけでなく、コンサルタントや政府機関など様々なアクターが関わっています。

独りよがりの学問にならないよう、なるべく多くのアクターと彼ら(彼女ら)のフィールドで真剣勝負をさせてもらいながら、相対的な立場で自らの存在価値を理解しようと試みています。

このことは経営学に限ったことではありません。ぜひ、「Meiji.net」をご覧になっている読者の方も、現場に出て、多種多様なアクターとの交流を図りましょう。

自分のことを客観的に内省する視点が身につき、専門分野の難しさや厳しさ、そして楽しさを再認識できるはずです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 デジタル課税は私たちに関係ない?

2020.2.21

#4 デジタル課税は私たちに関係ない?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人
クラウドで情報を管理し、発想のヒントを蓄えよう

2020.2.20

クラウドで情報を管理し、発想のヒントを蓄えよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 宮本 真也
#3 デジタル課税は世界統一ルールになる?

2020.2.18

#3 デジタル課税は世界統一ルールになる?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人
#2 なぜ、デジタル課税法はなかなか決まらないの?

2020.2.14

#2 なぜ、デジタル課税法はなかなか決まらないの?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人
「聞く、見る、動く」をベースに発想を広げよう

2020.2.13

「聞く、見る、動く」をベースに発想を広げよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加納 明彦

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

人気記事ランキング

1

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム