明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 移動通信システムの“世代”って、なに?

井家上 哲史 井家上 哲史 明治大学 理工学部 教授

アナログ通信の第1世代から、ディジタル通信の第2世代へ

移動通信システムが第5世代を迎えようとしています。最近、マスコミ等でも良く取り上げられるようになってきたので、なにかすごいことが始まると思われている人も多いと思います。

では、第5世代はなにがすごいのかを解説する前に、そもそも移動通信システムの“世代”とはなんなのか。これまでの第1から第4世代とはなんだったのかを振り返ってみましょう。

まず、移動通信の始まりは、諸説ありますが、1950年代に、アメリカのシカゴ警察のパトロールカーで使われたのが始まりではないかと思われます。それが民間でも使われるようになり、1970年代の後半になると、日本でも自動車電話のサービスが始まります。

移動中の車内から電話がかけられるというものですが、なぜ、自動車専用電話だったのかといえば、端末が大きくて重いため、持ち歩くことができず車内に設置したからです。これが第1世代です。

1990年代になると、アナログだったこの自動車電話がディジタル化されます。背景には、LSI(大規模集積回路)技術の進展がありました。

これにより、パソコンが非常に高性能になり、小型化するのですが、同じく、移動通信の端末も小型化、軽量化されていきます。ようやく“携帯”ができるようになったのです。

これによって携帯電話は広く普及し始めます。さらに、ディジタル化によって、音声だけでなく、パケット通信が可能になりました。Webにアクセスし、サイトを見ることができるようになるのです。これが第2世代です。

次回は、第3世代、第4世代について解説します。

#1 移動通信システムの“世代”って、なに?
#2 移動通信システムの進化でなにが変わった?
#3 第5世代は、なにがすごいの?
#4 第5世代でなにができるようになるの?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.5.6

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子
様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.4.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.4.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 中村 和恵
個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム